乳腺外科・乳腺内科|桜新町濱岡ブレストクリニック

桜新町 濱岡ブレストクリニック 乳がん検診・乳がん治療
トップページ 各種施設 診療案内 乳がん検診 スタッフ紹介
新着情報 アクセス ご予約 Q&A English
 
マンモグラフィとは何ですか?
乳房を平面ではさんで圧迫し撮影することで乳癌を発見できる医療機器です。重なった乳腺内に潜んでいる病変を発見するために可能な限り広げたほうが良い写真となり、圧迫による疼痛を伴うことがあります。
マンモグラフィでは腫瘍病変(しこり)の評価に加え、超音波では見えにくい石灰化病変(乳腺のなかに砂のように存在する細かい石灰成分)の検査が得意です。腫瘍病変、石灰化病変といっても実際は良性のものが多いのですが、時に悪性の特徴的な所見を示すことがあります。
当院では最新のデジタルマンモグラフィ(SIEMENS NOVATION)を用い、フィルムを用いることなく高精細モニタ(5M)にて診断します。
 
エコーによる乳がん検診で痛みはありますか?
エコーによる乳がん検診ではほとんど痛みはありません。
乳房超音波(エコー)では乳腺の内部構造をテレビモニタに映し出しながら検査をします。
乳腺の構造について詳細に知ることができ、時にマンモグラフィで見えなかった病変が発見されることがあります。
超音波で確認をしながら細胞や組織を採取することもあります。
 
某病院で乳がんの手術を受け、現在、ホルモン療法中です。これまで、1年に1回、造影剤を使ったCT検査、骨シンチをしてきましたが、担当医師から、本来はやらないもので、再発した後の予後はそれらの検査をしてもしなくても、変わらないというようなことを言われました。現在は、3ヶ月に1度、血液検査をするほか、1年に1回のマンモグラフィー検査だけになりました。検査がなくなった分、再発・転移の発見が遅れ、手遅れになるということはないのでしょうか?また、現在の病院に通いながら、別の病院で検査をしてもらうということは可能なのでしょうか?その場合は、人間ドッグのように自由診療となるのでしょうか?
よろしくお願いします。
 
世界的なガイドラインでは、各臨床試験の定期的なCT、骨シンチ、マーカー採血などは生存期間を延長しないという結果に応じて、3-4カ月に1回の診察と1年に1回のマンモグラフィのみで良いということになっています。これを踏まえて、聖路加国際病院も含めて専門施設では病期が進んでいない場合は必要以上の検査を行わなくなりました。(ちなみに聖路加では3か月ごとの診察と1年ごとのマンモ、胸部単純写真、マーカー採血です)
乳がんは骨に転移をすることが多く、その際は早期に痛みという症状がでるので、その症状が出てから治療を開始しても、検査でたまたま見つかって検査をしても長い目でみると変わらないということになっています。
別の病院で治療している場合でも、他の施設の受け入れが許されるのであれば保険適応で検査可能です。ただ、聖路加を含めて専門施設は他院で治療を開始している場合、受入れが困難で、セカンドオピニオンという対応となることが多いです。よろしくお願いいたします。
 
現在授乳中なのですが、一昨日から左胸の外側を押すと痛みが生じます。これは乳がんなのでしょうか?しこりがあると乳がんの可能性があるときいたのですが、触っても何がしこりなのかが、いまいちわかりません。  
授乳中は特に乳房のなかで乳汁が作られ、流れという形で乳房に絶えず変化があります。そういう理由で乳房にしこりを感じたり、痛みを感じたりすることは異常がなくてもよく見られる症状です。その場合、乳がんである可能性は低いと思われますが、大丈夫だと思い過信していると乳がんが隠されていることもあります。一度受診していただき、大丈夫であることを確認させていただければ安心ですね。  
トップページ 各種施設 診療案内 乳がん検診 スタッフ紹介 新着情報 アクセス ご予約 Q&A English
 
Copyright© 2009 Sakurashinmachi Hamaoka Breast Clinic all right reserved.