スタッフ紹介

スタッフ

放射線技師

小倉 絵莉

放射線技師

廣瀬 和伽奈

看護師

後藤 裕子

受付事務

上野 友子

放射線技師

小倉 絵莉

放射線技師

廣瀬 和伽奈

看護師

後藤 裕子

受付事務

上野 友子

医師

院長

濱岡 剛

連携病院医師

聖路加国際病院や昭和大学病院ほか、連携病院の医師に診療を行なっていただいております。

院長

濱岡 剛

連携病院医師

聖路加国際病院や昭和大学病院ほか、連携病院の医師に診療を行なっていただいております。

院長プロフィール

桜新町濱岡ブレストクリニック 院長 濱岡剛

TSUYOSHI HAMAOKA濱岡 剛TSUYOSHI HAMAOKA

1965年9月 兵庫生まれ
1991年兵庫医科大学 卒業
神戸大学医学部附属病院 第一外科 入職
1992年兵庫県立加古川病院 外科 入職
1995年神戸大学医学部大学院 入学
1998年癌研究会研究所 乳腺病理 国内留学
1999年神戸大学医学部大学院 卒業
淀川キリスト教病院 外科 入職
2000年兵庫県立がんセンター 外科 入職
2002年University of Texas M. D. Anderson Cancer Center(米国)Blood and Marrow Transplantation,Breast Medical Oncology 留学
2005年聖路加国際病院 乳腺外科 入職
2009年4月6日 桜新町濱岡ブレストクリニック 開設
< 趣味 >音楽鑑賞・カラオケ・スキー・野球観戦

所属学会

日本乳癌学会、American society of clinical oncologu、日本乳癌検診学会、日本臨床腫瘍学会、日本外科学会

資格

医学博士、日本乳癌学会乳腺専門医、マンモグラフィ読影認定医、他

論文

  • Hamaoka T, Costelloe CM, et al. Tumour response interpretation with new tumour response criteria vs the World Health Organisation criteria in patients with bone-only metastatic breast cancer. Br J Cancer. 102(4):651-7, 2010.
  • Costelloe C, Hamaoka T, et al. Imaging Bone Metastases in Breast Cancer: Update on Imaging Techniques and Recommendations for Diagnosis. Lancet Oncol.10(6):606-14, 2009.
  • 濱岡剛 乳癌骨転移の治療効果判定 乳癌の臨床 23(5) 379-384, 2008.
  • 乳がん薬物療法における最近の知見 癌と化学療法35(9): 1457-1460, 2008.
  • 転移性乳がんの化学療法 緩和ケア17(4), 2007.
  • 濱岡剛 猿丸修平 信濃裕美 金井久子 玉橋容子 岡田定 中村清吾. 聖路加国際
    病院での化学療法. 癌と化学療法32(13): 2148-2149 2005.
  • Hamaoka T, Madewell JE, et all. Bone Imaging in Metastatic Breast Cancer. J Clin Oncol 22: 2942-2953, 2004.
  • Hamaoka T, Furuya Y, et all. MCF-7 growth inhibition by ultraviolet radiation and 5-fluorouracil: the importance of sequence. Cancer Lett. 2000 Jun 30; 154(2): 183-7
  • Furuya Y, Hamaoka T, Yamamoto K, et all. In vitro changes of the nuclear AgNORs pattern induced by RNA inhibitors and 5-fluorouracil in human breast cancer cells, MCF-7 and HBC-4. Cancer Lett. 1998 Dec 11; 134(1): 97-101

著書など

  • 乳がん賢者ケアガイド 学研(共著)
  • ガイドラインに基づく乳がんケアQ&A 総合医学者 (共著)
  • 乳がん メヂカルフレンド社 (共著)

最近の主な発表

  • 日本乳癌学会
    • 桜新町濱岡ブレストクリニック 濱岡剛
      O-226 診療連携パスを用いた診療所での乳癌化学療法 第19回日本乳癌学会学術総会
      2011/9/2-3 仙台
    • 濱岡剛 猿丸修平 津川浩一郎 矢形寛 中村清吾
      化学進行再発乳癌に対する一次および二次化学療法としての経口療法の位置づけ
      第16回本乳癌学会学術総会 2008/9/26 大阪
    • 濱岡剛、中村清吾、増田慎三、岩田広治、黒井克昌、黒住昌史、津田均、秋山太、戸井雅和
      O-088 JBCRG02: 原発乳がんに対するFEC100 followed by Docetaxel100による術前化学療法
      第15回日本乳癌学会学術総会 2007/6/29 横浜
    • 濱岡 剛 津川浩一郎 矢形寛 猿丸修平 竹井淳子 角田博子 菊池真理 鈴木高祐
      川崎朋範 中村清吾 聖路加国際病院乳腺外科におけるチーム医療の現状
      第14回日本乳癌学会学術総会 2007/7/7 金沢
  • 日本臨床腫瘍学会
    濱岡剛 猿丸修平 津川浩一郎 矢形寛 中村清吾
    進行再発乳癌一次および二次化学療法としてのCapecitabineの使用成績
    第6回日本臨床腫瘍学会学術総会 2008/3/20 福岡
  • American Society of Clinical Oncology
    • Hamaoka T, Madewell JE, Costelloe CM, Islam R, Rondon G, Ayers GD, Champlin RE, Berry DA, Hortobagyi GN, Ueno NT. Accurate response assessment of breast cancer bone metastasis by new response criteria using computed tomography. Poster discussion. Abstract #568. Annual meeting of American Society of Clinical Oncology, Orlando, USA, May 2005.
    • Hamaoka T, Costelloe CM, Madewell JE, Hortobagyi GN, Ueno NT.
      Evidence-based tumor response assessment with imaging in bone metastasis from breast cancer. Abstract #840. Annual meeting of American Society of Clinical Oncology, New Orleans, USA, June 2004.
    • ASCO 2006 報告
      http://www7a.biglobe.ne.jp/ ̄jccnb/03/03_as0603.html
  • American Society of Clinical Oncology
    • Ishiyama M, Tsunoda H, Tsugawa K, Yagata H, Sarumaru S, Kikuchi M, Suzuki K, Nakamura S, Hamaoka T. St. Luke's International Hospital, Department of Breast Oncology. Imaging prediction of pathological response of the preoperative chemotherapy using MRI and Ultra sonography. Poster discussion. Abstract #404. 29th Annual meeting of San Antonio Breast Cancer Symposium, Texas, USA, Dec. 2006.
    • Hamaoka T, Madewell JE, Costelloe CM, Islam R, Rondon G, Ayers GD, Champlin RE, Berry DA, Hortobagyi GN, Ueno NT. Accurate Tumor Response Assessment in Bone-only Metastatic Breast Cancer by Comprehensive Imaging Assessment, which includes CT scan (MDA Criteria). Poster presentation. Abstract # 6031. 28th Annual meeting of San Antonio Breast Cancer Symposium, Texas, USA, Dec. 2005.
  • MD Anderson Cancer Center
    Hamaoka T, Costelloe CM, Madewell JE, Hortobagyi GN, Ueno NT. Evidence-based tumor response assessment with imaging in bone metastasis from breast cancer. Poster presentation. Trainee Recognition Day 2004. University of Texas M. D. Anderson Cancer Center, Houston Texas, USA, May 2004.

《 Grant Protocol Clinical training 》

  • Grant: Institutional Research Grant. The University of Texas M. D. Anderson Cancer Center. Postdoctoral Fellow. Use of Bone Imaging to Monitor Treatment Response in Breast Cancer, 10/01/04-09/30/06, $50,000 over 2 years.
  • Protocol: Prospective Study of Tumor Response Assessment in Metastatic Breast Cancer Involving Bones, The University of Texas M. D. Anderson Cancer Center, 2003-0999, IRB accepted.
  • Clinical Training
    • A Comprehensive Board Review in Hematology and Medical Oncology, October, 2004. The University of Texas M. D. Anderson Cancer Center. Houston, Texas USA.
    • Methods in Clinical Cancer Research. AACR/ASCO. Vail, Colorado USA. Invited, July 31-August 6, 2004.
    • Clinical Research Grantsmanship Symposium for Junior Faculty. Annual meeting of American Society of Clinical Oncology, New Orleans, Louisiana, USA, May 2004.
    • Faculty Research Training Program, Office of Research Administration, Office of Protocol Research-Quality Assurance.Module 1: History of research, Module 2: Investigator Responsibilities, Module 3: Informed consent/CIND's, Module 4:Source Documentation/Adverse events. The University of Texas M.D. Anderson Cancer Center, Houston Texas, USA. April, 2003.
    • Peer Review of NIH Research Grant Applications and Grant Writing for Success. April, 2004 Galveston Texas, USA.

招待講演など

  • 東北地区 乳がん治療懇話会 乳がん薬物療法の最新知見Oct 3, 2008 仙台
  • 乳がん患者の骨のマネージメント 乳がん内分泌治療と骨粗鬆症 Feb 8 2008 徳島
  • 2008 KBCS Spring Symposium, Early initiation of Zoledronic acid for survival benefit, Cheju Korea, June 20, 2008.
  • Korea Breast Cancer Society meeting, Perspective of hormonal therapy in neoadjuvant setting and clinical trial in Japan, Incheon, Korea May 17, 2008.
  • NHK 日曜フォーラム パネリスト出演 Feb 27, 2008 18:00-19:00 NHK教育テレビ 早期からの緩和ケア~癌と上手につきあう~
  • 第61回 日経健康セミナー21 Sep 24, 2007「女性だから知っておきたい乳がんのこと」東京 三越劇場
  • 第15回日本乳癌学会学術総会 第7回看護セミナー チームで行う乳がん外来化学療法 横浜 June 30, 2007
  • 外科系連合会 panel discussion術前化学療法後の温存手術 東京 June 22,2007
  • 第6回関東ホルモンと癌研究会 Bisphosphonateによる骨転移および骨粗しょう症の治療 Dec 2 2006
  • 日本赤十字看護大学 がん化学療法看護コース 臨床薬理学概論 薬物動態と薬効・薬物相互作用 July 11, 25 2006.
  • 臨床薬学研究会 特別講演 乳がん診療におけるチーム医療の実際 June 22 2006.
  • 乳がん化学療法懇話会 講演 外来化学療法におけるFEC 100の実際 May 27 2006
  • Breast Care Seminar - Mammotome Advance Course- Adjuvant treatment for breast cancer patients especially for DCIS. Feb 5 2006.
  • Kinki Breast Cancer Research Conference. 乳がん骨転移の画像診断. Feb. 19, 2005, Osaka Japan.
  • Kobe Breast Cancer Bone Metastasis Research Meeting.